スマホ世界トップ20社のうち、中国から11社が入選している。写真はファーウェイのスマホ。

写真拡大

市場調査会社Digitimes Researchが発表した情報によると、中国スマホメーカーは2017年も、世界スマホ市場の主な参加者になる。ファーウェイは現在3位、OPPOは4位、vivoは5位につけている。また、スマホ世界トップ20社のうち、中国から11社が入選している。人民網が伝えた。

サムスンが全世界におけるスマホ出荷台数で首位をキープしたが、2位のアップルとの差が8000万台以内に縮まった。

Digitimes Researchは、「各国の通信事業者と緊密なパートナーシップを結び、ノートPC、タブレットPC、スマホの幅広いラインナップを取り揃えるファーウェイ製スマホはOPPOやvivoより海外での販売に強い」と分析した。

また、スマホメーカー世界トップ20社のうち、インドから3社が入選している。Micromaxは12位、Intexは13位。台湾メーカーのASUSは17位だが、順位浮上に向けて、取り組みを進めている。経営難にあえぐHTCは最下位の20位となった。(提供/人民網日本語版・編集/YF)