1
 
Appleは、一部のiPhone6sが突然シャットダウンする不具合について、バッテリー交換対象端末かを判定できるページの日本語版を公開しました。シリアル番号を入力するだけで対象端末かどうかを簡単に確認可能です。

自分のiPhone6sがバッテリー交換対象かを簡単に確認可能!

先日お伝えした、一部のiPhone6sで突然電源が切れてしまう問題について、対象端末かを確認できるページの日本語版が公開されました。
 
設定アプリから一般>情報の中にある「シリアル番号」を長押ししてコピーし、AppleのWebページに貼り付けるだけで、対象端末かどうかを判定できます。
 

 
対象になる端末は、2015年9月から10月に製造され、シリアル番号が特定の範囲に含まれるiPhone6sです。
 
なお、Appleはこの問題について「安全性に影響する問題ではありません」と案内しています。

交換対象と判定されたら手続き方法は3つ

もし、お使いのiPhone6sがバッテリー交換の対象端末と判定された場合の手続きは、「Apple正規サービスプロバイダ」、「Apple Store直営店」、「Apple テクニカルサポート」の3つから選ぶことができ、AppleのWebページでは店舗情報などが確認できます。
 
なお、携帯電話キャリアでは修理対応を行なっていないので、ご注意ください。

バッテリー交換に出す前にバックアップなどの準備が必要

Appleは、バッテリー交換サービスに出す前に、以下の準備をするよう呼びかけています。
 

iTunes または iCloud にデータをバックアップする。

 

「iPhoneを探す」をオフにする

(設定から、iCloud>「iPhoneを探す」をオフ)
 

データと設定をすべて消去

(設定アプリから、一般>リセット>「すべてのコンテンツと設定を消去」)

 
なお、3番の作業をすると、端末が工場出荷状態になりますので、バッテリー交換サービスに出す直前に操作するのが良いでしょう。

 
 
Source:Apple
(hato)