100歳のマック常連女性 誕生日にお店から仰天サプライズ(出典:http://www.eveningsun.com)

写真拡大

先月20日に揃って100歳を迎えたイギリスの双子の姉妹は、長寿の秘訣を「よく働き、良質で美味しいものを食べること」と答えていた。『eveningsun.com』が伝えたところによると、米メリーランド州に住む長寿のある女性はマクドナルドでのランチを日課にしている。それもビッグマックがお気に入り。「え? ファストフード?」と言いたいところだがこの女性、なんと今年10月に100歳になった。

メリーランド州ハノーバー在住のナディン・バウムさんは、地元にあるマクドナルドで昼食をとるようになって5〜6年になる。歩行器を押しながら息子のマイクさんと一緒にやってくるナディンさんは、スタッフとも顔見知りで、昨年の99歳の誕生日には店の計らいでバースデーパーティが開かれた。

ナディンさんが100歳の誕生日を迎えた今年10月13日、ナディンさんを“MOM”と呼ぶスタッフのギニー・スレイボーさんがサプライズパーティを企画。ナディンさんの定席は特別席となり、花や風船でデコレーションされた。

いつものように店内に入ってきたナディンさんは、スタッフだけでなく家族や友達にハッピーバースデーの歌とともに迎えられた。最近は関節炎を抱え毎日来ることができなくなっていただけに、ナディンさんは格別に嬉しそうだったという。

そんなナディンさんをこの日最も驚かせたのが、店から贈られた“マクドナルド生涯フリーチケット”だった。

ギニーさんは「ナディンさんは長年付き合っている友人のような存在です。このチケットで彼女と毎日会えるわ」と笑うと、ナディンさんにハグ。ナディンさんはバースデーカードに目を通し、ケーキをぺろりと平らげるとビッグマックを注文した。

100歳にしてなお食欲が衰えないナディンさん。これならあと10年はマクドナルドに通うことができそうだ。

出典:http://www.eveningsun.com
(TechinsightJapan編集部 A.C.)