夏の間は気になってケアしていた「かかと」。でも冬になると人に見せることもなくなり、かかとのケアを放置してしまいがちです。冬の乾燥は肌から水分を奪い、もちろんそれは足も同じことです。
特にかかとは乾燥して皮膚が分厚くなってしまいやすい部分です。夏間近になってからケアを始めるのではなく、今からお手入れをしておけば、後で慌てずに済みますよ。

かかとがガサガサしやすい原因

足の裏の表面は角質層(角質細胞の層)で覆われており、通常、角質層は細胞間脂質で満たされ肌が潤っています。しかし足の裏、そしてかかとには皮脂腺がないので、皮脂が分泌されず、ともすると乾燥してしまいがちです。
角質層の潤いがなくなり始めると、乾燥を防ごうする作用がはたらいて角質層が厚くなっていきます。しかし潤いのない皮膚が増えるだけでなので厚く硬くなってしまい、肌がガサガサになり酷い場合はひび割れてしまいます。

かかとの皮膚は厚くなりやすい

このように、かかとが荒れて皮膚が厚くなってしまう主な原因は乾燥です。しかし他の要因もあります。例えば足に合わない靴が原因となることもあります。靴底が薄くてクッション性がなく、地面からの衝撃をまともに受けるような靴で長時間歩いていると、皮膚に負担がかかり、かかとの皮膚が厚くなりやすいです。また疲労やストレスでホルモンバランスが崩れた時、あるいは加齢がもとで肌の代謝が悪くなると、肌が乾燥するのとともに、古い皮膚がはがれずに溜まっていき、かかとの皮膚が厚くなっていきます。

ポイントは毎日の保湿

かかとのお手入れの基本は、十分な保湿をすることです。保湿クリームはお風呂上りに塗ると、成分が浸透しやすくなります。お風呂からあがったら指の間まで、足の水気をしっかりふき取ります。
濡れたまま自然乾燥させると、肌の水分が蒸発してしまい乾燥を招いてしまいます。水気を拭き取った後はすぐに保湿クリームを塗るようにしましょう。尿素配合のクリームは、角質を柔らかくする作用があるのでおすすめです。
すでに厚くなってしまったかかとは、かかと専用のヤスリで手入れをしましょう。足を濡らしてしっかり拭き取った後、やさしく、必ず一方方向にヤスリをかけます。肌に負担をかけないために、削るのは少しだけにしておきます。
これを1週間に1回続けると、肌の厚みが改善されていきます。早く肌をきれいにしたくても、やりすぎると逆に肌が荒れるので、多くても1週間に1回にしておきましょう。

冬の間は怠ってしまいがちなかかとケアですが、この乾燥しやすい時期こそ、十分なケアをしておきたいですね。


writer:Akina