Doctors Me(ドクターズミー)- 不妊を招く“高プロラクチン血症” 女性が注意すべき症状の原因とは?

写真拡大 (全5枚)

「プロラクチン」というホルモンをご存知でしょうか。脳の下垂体から分泌される乳汁分泌ホルモンのことで、妊娠中や授乳中に増加します。

しかし、特に妊娠中でもないのにプロラクチンが異常に分泌してしまう「高プロラクチン血症」といった症状があり、不妊や無月経を招くことも。

今回はプロラクチンの役割、高プロラクチン血症の症状や原因、気になった時に受けてほしい検査方法などを医師に解説していただきました。

プロラクチンとは

脳下垂体で分泌されるホルモンの一つで、乳腺を発達させたり、乳腺で母乳を作らせたり、子宮を収縮させる、排卵を止めるといった働きを持ちます。

プロラクチンの正常値


プロラクチンの正常値は非妊娠時でおおよそ3〜30ng/mlとされています。

※検査方法や会社によって多少のばらつきはあります

高プロラクチン血症とは

何らかの原因によって、プロラクチンの値が正常範囲を超えているものを言います。

高プロラクチン血症になると、妊娠・授乳していないのにも関わらず卵巣機能を抑制してしまい、生理が不順になってしまったり、母乳が出るといった症状が起きる場合があります。

また、妊娠を望む方には不妊の原因となる場合もあります。

高プロラクチン血症の症状


母乳の分泌


プロラクチンの作用により母乳が産生、分泌されます。

排卵の停止


卵巣の機能が抑制されることによって、排卵が止まり月経が不順になったり停止してしまうことがあります。

流産


卵巣がきちんと機能せず、黄体ホルモンがしっかり産生されないことで黄体機能不全の状態になってしまうことがあります。

不妊


有効な排卵が起こらなかったり、黄体ホルモンの分泌不漁によって着床しにくい状態になったりし、不妊の原因となることがあります。

吐き気や視野狭窄、めまい


原因が下垂体の腫瘍(プロラクチノーマ)である場合には、こういった症状が起こることもあります。

高プロラクチン血症の原因


プロラクチノーマ


脳の下垂体に腫瘍ができることによって、高プロラクチン血症を起こす場合があります。

薬剤の副作用


抗精神病薬や胃潰瘍のお薬、ピルなどの副作用によって高プロラクチン血症となる場合があります。

ストレス


ストレスによってもプロラクチンの値が上昇することがあると考えられます。

甲状腺機能低下症


TRH(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)の分泌増加によって、プロラクチンの分泌が増加します。

高プロラクチン血症の治療

原因によって治療内容は異なり、例えばプロラクチノーマであれば手術や内服、お薬によるものであれば中止や種類の変更、プロラクチンを抑えるお薬の追加などが選択されます。

また、甲状腺機能やストレスでも、それぞれに応じた治療が選択されます。

高プロラクチン血症を疑う場合に行われる検査


内容


血液検査により血中プロラクチンの濃度を測ることになります。また、視野狭窄などその他の症状があれば、脳MRIなどが追加されます。

費用


血液検査の項目や画像検査などを追加するかどうかによって異なりますが、通常健康保険の適用範囲内で行われます。

プロラクチンの数値が低い場合


プロラクチンは少なすぎても以下のような悪影響を与えます。

症状


・妊娠しにくくなる
・出産後の母乳が少なくなる

原因


脳下垂体の機能低下、脳下垂体腫瘍、薬剤の副作用(ドパミン作動薬など)、Sheehan症候群や甲状腺機能亢進症などが挙げられます。

治療法


まず原因を探し、腫瘍などがあれば手術、薬剤性であればお薬の変更などが行われます。

最後に先生から一言

このようにプロラクチンは多すぎても少なすぎてもトラブルの原因になります。

すべてのホルモンなどがちょうどよく保たれないと、機能しない部分が出てくる人間の身体は非常にデリケートです。

(監修:Doctors Me 医師)