季限定フレーバー「ビターチョコレート」と冬限定缶「ウィンター缶」を発売

写真拡大

全米No.1ポップコーンブランドから冬季限定フレーバーと限定缶が登場。

【写真を見る】2014年5月に日本上陸を果たした「Doc Popcorn」

「Doc Popcorn」は12月1日(木)から全店舗で、冬季限定フレーバー「ビターチョコレート」と冬限定缶「ウィンター缶」を販売している。

「ビターチョコレート」はダークチョコレートをコーティングし、チョコレートの甘みや苦み、芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がる。昨年販売され、大好評を受けて再販売することになった。

「ウィンター缶」は、雪が降る銀世界を連想させるシルバーが基調。「Doc Popcorn」のキャラクターが雪山でソリ遊びをしている様子がデザインされ、クリスマスシーズンにぴったりなパッケージとなっている。

また、「ビターチョコレート」の販売期間は、「クラシックケトル」の販売を停止。バラエティ6パックには、代わりに「ソルト&ペッパー」を含めて提供される。

「Doc Popcorn」は高品質で自然派であることにこだわったポップコーン。特約農家で特別に栽培されている遺伝子組み替えなしの豆を使用する。コレステロールとトランス脂肪酸ゼロのコーンオイルで作られ、合成着色料や甘味料も不使用となっている。

中身とともに、缶のデザインもこだわったポップコーンで、今年のクリスマスを楽しんでみては。【ウォーカープラス編集部/コタニ】