「W温玉牛丼」(税別470円)

写真拡大

牛丼を超えた、『牛丼』」の第2弾が登場。

【写真を見る】「W温玉」は単品(税別100円)での販売も実施

全国の「無添くら寿司」は、「W温玉牛丼」(税別470円)を12月2日(金)から発売する。

同商品は、発売約1カ月で50万食を販売した「牛丼を超えた、『牛丼』」が「玉子と合わせて食べたい」「トッピングされたものがあると嬉しい」という声を受けたことで誕生。牛丼用トッピングとして開発を進めていた「W温玉」の完成を急ぎ、前倒しで発売することになった。

「7種類の魚介だし」を使用し、こだわりの牛肉と玉ねぎを独自の製法で仕上げた「牛丼を超えた、『牛丼』」に、別容器で提供される「W温玉」をトッピングすることで完成する。まろやかな2つの温玉がさらに旨さを引き立て、味わいはもちろんボリュームも豊かに味わえる。

また「W温玉」は単品(税別100円)での販売も実施する。牛丼以外のメニューにも相性抜群で、「カレー」や「うどん」、「ラーメン」といったメニューにトッピングすることで、卵白と卵黄のトロリとした食感と豊かな味わいがプラス。さらに美味しく楽しむことができる。

さらにパワーアップするくら寿司の牛丼を、是非味わってみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】