AOA、日本2ndアルバム「RUNWAY」がオリコン3位&タワーレコード1位を獲得“高い人気を証明”

写真拡大

ガールズグループAOAが日本で高い成績を収めている。

先月30日、タワーレコードによると、同日AOAが日本で発売した2ndフルアルバム「RUNWAY」がワールドチャート1位を獲得した。オリコンデイリーランキングでも発売と同時に3位にランクインし、AOAに対する日本ファンの熱い関心を証明した。

今回のアルバムでAOAは目標に向かって走る、ボウリング、野球などのスポーツ選手に変身し、ハツラツとして健康的な魅力をアピールした。タイトル曲「WOW WAR TONIGHT」は、小室哲哉の原曲を新たにアレンジした曲で、小室哲哉がAOAの明るく希望に満ちた雰囲気に合わせてプロデュースを手がけ、新曲のミュージックビデオにも出演して彼女らを応援した。

また、今回のアルバムには初めて日本のアーティストとのコラボで話題を集めた「愛をちょうだい feat. TAKANORI NISHIKAWA (T.M.Revolution)」、現在ヨーロッパでヒット中のイギリスのアーティストジョナス・ブルー(Jonas Blue) の曲をカバーした「Perfect Strangers (feat. AOA)」まで豪華なラインナップを誇る。

AOAは昨年10月に発売した1stアルバム「Ace of Angels」をはじめに、4thシングル「愛をちょうだい」(2016年4月) 、5thシングル「Good Luck」(2016年8月) などのタイトル曲で3連続オリコンデイリーランキング1位を獲得し、代表的な韓流ガールズグループとして浮上した。

AOAは本日(1日) 東京・池袋サンシャインシティをはじめに、愛知(2日) 、大阪(3日) 、神奈川(4日) などで2ndフルアルバム「RUNWAY」発売記念イベントを開催する。また、冬の韓国カムバックを目標にアルバムの準備にも取り掛かっている。