本田技研工業(ホンダ)は1日、四輪車を対象にトラブル時などのロードサービスを提供する新たな会員制サービス「Honda Total Care(ホンダ・トータル・ケア)」を開始した。自動車業界で初となるという一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)との業務提携によるロードサービスをオプションサービスとして提供する。

 事故や故障などの車のトラブル時にどこに連絡を取ればよいのか迷うという声が少なくないという。Honda Total Careは、そうした課題を解決すべく窓口を一本化、ユーザーの任意保険などの加入状況に応じたロードサービスの手配から車の操作方法まで24時間・年中無休でサポートする。

 さらに、オプションサービスの「Honda JAFロードサービス」に加入することで、JAFとの業務提携に基づく充実した各種サービスを利用することができる。Honda JAFロードサービスは、Honda Total Care会員本人だけでなく、契約車両であれば誰でもサービスを利用できる業界最大のサービスカバー範囲となるとしている。