万里の長城で戦いに挑む『グレートウォール』 (C) Universal Pictures

写真拡大

建造に約1700年、長さ21196.18キロメートルを誇る、人類史上最大の建造物「万里の長城」。この長城はこれまで貿易の拠点としてだけでなく、異民族の侵攻など多くの危機を防いできたが、その建造の“目的”については、史実とともに数々の伝説も伝えられてきた。そんな世界最大の偉業である万里の長城を舞台にした伝説の戦いを描く映画『グレートウォール』(原題:The Great Wall)の日本公開日が、2017年4月14日に決定した。

監督は『HERO』(02)、『LOVERS』(04)でアクションに洗練されたビジュアルスタイルを取り入れたことで数々の賞を受賞しただけでなく、2008年の北京オリンピック開会式の演出で世界的な称賛を受けた巨匠チャン・イーモウ。さらに『ジェイソン・ボーン』シリーズのマット・デイモンという豪華スターが主演を務め、2014年にハリウッド映画賞国際賞を受賞した女優ジン・ティエン、アジアを代表する俳優アンディ・ラウなど、世界を代表する豪華キャストが集結した。

今回解禁された場面写真に写し出されるのは、マット・デイモン演じる傭兵ウィリアムが赤羽根の弓を背に担いだ姿。また、険しい山々に悠然と長くそびえ建つ万里の長城は、独特の世界観を漂わせた壮大なスケールで描かれており、その上をひしめき歩く大勢の軍隊や備え付けられた数々の武器からは、これまで誰一人として知ることがなかった壮絶な戦いが繰り広げられることを予感される。

■『グレートウォール』
2017年4月14日(金) 日本公開
(C) Universal Pictures