1日、華商報によると、陝西省西安市雁塔区で、大学生の女が祖父母を殺害した後、両親と旅行に出かけていたことがわかった。資料写真。

写真拡大

2016年12月1日、華商報によると、陝西省西安市雁塔区で、大学生の女が祖父母を殺害した後、両親と旅行に出かけていたことがわかった。

田容疑者は普段、母方の祖父母と一緒に暮らしていたが、11月23日に口論からかっとなって短刀で祖父を殺害。その後、帰宅した祖母が助けを呼ぼうとしたため祖母も刺殺した。驚くことに田容疑者は2人を殺害した翌日に、両親と四川省に旅行に出かけたという。祖父母の遺体は、26日に訪ねてきた息子(田容疑者のおじ)が発見した。

通報を受けた警察は、26日夜に重慶市で田容疑者を逮捕。両親によると、田容疑者には精神科の通院歴があり、子どもの頃から武術を習っていたことから性格や服装が男の子のようだったという。近所の住人は「祖父母と一緒に出かける姿を見た。とても良い子に見えた」と信じられないといった様子だったという。(翻訳・編集/北田)