写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テモナは12月1日、Web販促ツール「ヒキアゲール」の新機能として、カゴ落ちメール配信機能と、リピートASPカート「たまごリピート」と「ショッピングカート自動連携機能」を追加した。

ヒキアゲールは、Web上で利用できる健康食品・化粧品特化型の販促ツール。ECサイトにおいて、訪問者ごとに訪問回数・購入履歴・金額・回数・流入元などの情報を判別し、あらかじめ設定したシナリオに沿って自動でサイト離脱防止・リダイレクト・ビューチェンジといった手法で一人ひとりに適した画面を表示して成約へとつなげる。

今回、ECサイトにおいて、商品を買い物カゴに入れたものの購入まで至らない「カゴ落ち」した商品をユーザーに再度メールで訴求する、カゴ落ちメール配信機能を追加。実施することで通常の販促メールと比べて5倍以上の成果が期待できるなど、開封率が非常に高いという。

また、「ショッピングカート自動連携機能」では、同社のリピートASPカートシステム「たまごリピート」に蓄積されたデータを活用できるようになり、データ蓄積に要する時間の短縮と、ショッピングカートの情報に基づくより細かい販促活動の実施が可能となる。

ヒキアゲール利用価格(税別)は初期費用が2万9800円から、月額利用料が2万9800円からとなる。

(山本明日美)