【比較】セブンとファミマの肉まんはいったい何が違うの?

写真拡大 (全3枚)

今日からもう12月。今年もあと1カ月を切りました。震えるような寒い日には、ホカホカの食べ物が欲しくなりますよね。そんな時にオススメなのが、コンビニで販売している「中華まん」。アツアツの状態で食べられるので、冬にピッタリの食べ物です。そんな中華まんですが、各コンビニによって、どんな違いがあるのでしょうか?

コンビニ各社で売られている肉まんの違い、気にしたことある?

コンビニ各社によって、特徴のある様々な商品を展開している中華まんですが、共通して販売している中華まんもいくつかあります。今回はそのうちのひとつで、もっともスタンダードであろう商品、「肉まん」に着目。

同じ肉まんという商品ですが、コンビニ各社によって、見た目や中身、味は違うのでしょうか。ネーミングと値段が近い2つの肉まんの違いを調べるため、以下コンビニの肉まんを購入しました。

・セブン‐イレブンの『こだわりの本格肉まん』(税込120円)

・ファミリーマートの『本格肉まん』(税込130円)

上画像の赤い皿にのっているのがセブン‐イレブンの『こだわりの本格肉まん』。青い皿にのっているのがファミリーマートの『本格肉まん』です。  

見た目はほとんど一緒 となると気になるのは中身…

ふたつの肉まんを並べて置いたものの、見た目や大きさはほぼ一緒。では、中身はそれぞれどうなっているのでしょうか。セブン‐イレブン『こだわりの本格肉まん』を割ってみると…

なかには具がギッシリ。肉のほかにも、四角く切ったタケノコやみじん切りしてある玉ねぎも確認できます。

そして、ファミリーマート『本格肉まん』は下の画像のような感じ。

切ってみると、ファミリーマートの肉まんの方が、肉まん上部の生地が厚いように見えます。ファミリーマートの方が生地がしっかりしていそう。具も詰まっていておいしそうです。

切った感じでは、生地の厚さで少々違いがありました。果たして味に違いはあるのでしょうか。

両社ともジューシーでおいしい! わずかに違うそれぞれの特徴

実際に食べてみましたが、生地の優しい甘みと、少し濃いめの具材の味がマッチしています。両社の肉まんともに、具にタケノコが入っていて、コリッとした食感も楽しめ、食べていて飽きません。肉眼では確認できませんでしたが、ほかにも野菜も入っているのでしょう。食べた時の香りが豊かです。…と、グルメレポらしくまとめたいところですが、筆者のホンネは「肉まんはどれを食べてもとにかくウマイ!」。

両社の違いを言うならば、セブン‐イレブンの肉まんは、若干具が多めかも。対してファミリーマートの肉まんは、肉の味と食感が、若干セブン‐イレブンの肉まんよりもしっかりしているという印象です。

ひとくちに「肉まん」といっても、販売しているコンビニによって味の違いがあります。100円ちょっとで、お腹も心もほっこり満足させてくれる肉まんは、今年も大活躍すること間違いなし。コンビニをはしごして、マイベスト肉まんを探してみてはいかが?

(文・山本健太郎/考務店)