写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERT/CCが運営するフィッシング対策協議会は12月1日、「Appleをかたるフィッシング」の報告を受けたとして、注意を喚起した。

同日9時30分時点で、フィッシングサイトは稼働中だという。同日9時30分の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中だという。

判明しているフィッシングメールの件名は以下のとおりで、アカウントのロックをかたるものが多い。

・誰かがあなたのアカウントを使用しようとしていると思われま
・私たちは24時間以内にあなたからの応答がない場合は、アカウントがロックされます。
・お使いのApple IDはiCloud上にログインするために使用されてきました
・あなたのアカウントのApple IDが別のデバイスから開かれました!
・アカウントがロックされます : 201926
・アカウントがロックされます!
・アップルIDがロックされました。

また、判明しているフィッシングサイトのURLは以下のとおり。

・●●●●.info/ランダムな文字列
・●●●●.net/items/ランダムな文字列/AppIe-lD(●●●●).info_rmation.html
・●●●●.info/sign_in/
・●●●●.info/
・●●●●.info/
・●●●●.com/clients/

フィッシング対策協議会はフィッシングサイトにおいて、アカウント情報 (Apple ID、パスワード)、請求先情報(ファーストネーム、名字、住所、国、シティ、県、郵便番号、電話番号)、クレジットカード情報(カード番号、名前、CVV、有効期限、カードユーザーID、カードのパスワード、生年月日)などを入力しないよう、呼びかけている。