「羊肉串&青島ビール」が韓国を風靡している。ソウルと首都圏では、直営店6軒と加盟店15軒の「味覚」羊肉串店が人気の的となっている。写真は羊肉串。

写真拡大

「羊肉串&青島ビール」が韓国を風靡している。ソウルと首都圏では、直営店6軒と加盟店15軒の「味覚」羊肉串店が人気の的となっている。オーナーの徐竜圭氏(音訳)は、数多くいる在韓朝鮮族の成功者の一人である。中国新聞社が伝えた。

徐竜圭さんは、中国黒竜江省綏化市生まれ。1999年末に韓国の首都ソウルに渡った彼は、まず中国料理店で料理を学び、調理師の資格を取得した。2001年、コドク・ドン(高徳洞)の近くでテイクアウトを中心とした中国料理店をオープンした。2009年にはノリャンジン(鷺梁津)にピリ辛ジャージャー麺と海鮮面をメインとした料理店を開いた。辛口グルメは、特に韓国地元民から好評を博し、店の人気はうなぎのぼりで、1年後には1カ月の売上が4000万ウォン(1ウォンは約0.1円)に達した。

この時、かなりの手ごたえに自信を持った徐氏は、当時の韓国ではあまり見られなかった羊肉串に目をつけた。中国料理と羊肉串を組み合わせ、それを売り物にした料理店を開く決心をした。徐さんは、「味覚」の成功の秘訣について尋ねられると、「韓国人を主要ターゲットとして、韓国人の口に合う料理を多く開発したことだ」と答えた。徐さんは、「羊肉串の直営店だけでも、売上は年60億ウォンに上る。店舗の広さや位置はさまざまだが、各店舗の売上は年平均7億ウォンを上回り、この額は羊肉串店のなかでも1、2位を争う実績だ」と続けた。(提供/人民網日本語版・編集KM)