キム・ヘウン、C-JeSと専属契約を締結…チェ・ミンシク&JYJらと同じ所属事務所に

写真拡大

女優キム・ヘウンがC-JeSエンターテインメントと専属契約を締結した。

C-JeSエンターテインメントは「映画とドラマを行き来しながら活躍している女優キム・ヘウンと専属契約を締結した。今後もさらに様々な作品で活発な活動を展開できるよう、積極的な支援を惜しまないつもりだ」と明らかにした。

1997年MBC公開採用アナウンサーとしてデビューしたキム・ヘウンは、1998年SBS「固いやつ」に出演して演技を始めた。その後2007年MBC「阿硯洞の奥さん」で本格的に演技活動を展開し始め、「ニューハート」、「密会」、「トライアングル」、「モンスター」などの様々な作品の多彩な役で視聴者たちに会った。

キム・ヘウンは2012年映画「悪いやつら」でチェ・ミンシクと経営権をめぐって対立する人物を務め、型破りな演技で強烈な印象を残した。2014年には視聴者から大きな人気を得たJTBC「密会」で何もかもを持っているが、極めて不幸で寂しい女性の姿を見事に演じこなし、話題を集めた。

その後も着実にドラマと映画で精力的に活躍しているキム・ヘウンは、7日に公開する映画「パンドラ」に特別出演し存在感をアピールするものと期待を高めている。