写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・パークス&リゾーツと任天堂はこのほど、両社のパートナーシップにより"任天堂ゲームの世界観を再現し、来場者にゲーム世界を実体験していただけるテーマパーク"を大阪(日本)、オーランド(アメリカ)、ハリウッド(アメリカ)の3都市で展開することを発表した。

今回明らかにされたテーマパークは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ユニバーサル・オーランド・リゾート、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの各パークにおける「Nintendo」をテーマとしたエリアとして展開される。

その詳細は、後日各地域から発表されるとのことだが、一例としては「お馴染みのマリオやその仲間たちと出会い、ハテナブロックやパワーアップアイテムなどのアイテムを目の当たりにし、巨大なパックンフラワーが急に動き出すような、任天堂ゲームならではの楽しく独特な世界」を実体験できるようなものになるという。

同プロジェクトには、任天堂のゲームオリジナルの開発者と、ユニバーサルのテーマパークのクリエイティブチームが一丸となって取り組んでいるという。複数のアトラクションのほか、ショップ、レストランを有し、年齢やゲームの熟練度にかかわらず、あらゆる人が楽しめるエリアとなるとのこと。「今後数年の間」にオープンするとしている。