ソン・イェジン、映画「いま、会いにゆきます」韓国版への出演を検討中

写真拡大

女優のソン・イェジンは、映画「いま、会いにゆきます」の韓国版出演を検討している。

30日ソン・イェジンの所属事務所MSTIMエンターテインメント側の関係者は10asiaに「ソン・イェジンが映画『いま、会いにゆきます』の出演を受け検討中」だとし「シナリオをもらって幾日も経っていない状態だ。現在話し合い中だが、決まったことは無い状況」と明らかにした。

「いま、会いにゆきます」は、2003年日本で発行された作家、市川拓司ファンタジー恋愛小説だ。1年後、雨の季節に戻ってくるという約束をしてこの世を去った妻であり母親の秋穂澪(あいお みお)が、雨の降る日約束通り夫の秋穂巧(あいお たくみ) と息子の秋穂佑司(あいお ゆうじ) の前に現れ、そこから展開される物語を収めた胸が熱くなるファンタジーヒューマンロマンスだ。小説の出版当時、日本国内で販売部数100万部が記録された。2004年竹内結子主演で映画でも製作され多大な愛を受けた。

「いま、会いにゆきます」韓国版は、新鋭イ・ジャンフン監督がメガホンを取り、LOTTEエンターテインメントが配給を担当した。下半期にキャスティングを終えて、来年上半期クランクインの予定だ。