首位と2打差を追いバックナインに入った石川遼(撮影:福田文平)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇1日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 本日1日(木)より東京都の東京よみうりカントリークラブにて国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が開幕。大会連覇を狙う石川遼が2バーディ・1ボギーでハーフターン。首位と2打差の1アンダー7位タイにつけている。
W杯では松山英樹とタッグを組み戦った石川遼
 
 パーセーブを続けていた石川は、6番で初のバーディを奪取。続く7番はボギーとしたものの、8番でバーディを奪いバウンスバック。バーディ先行のまま後半に向かう。
 3アンダー首位タイに小田孔明、キム・ヒョンソン(韓国)、2アンダー2位タイに賞金ランク首位の池田勇太、呉阿順(中国)、セン・セショウ(台湾)、パク・サンヒョン(韓国)がつけている。
 また、賞金ランク2位の谷原秀人はイーブンパー13位タイとしている。
 池田との差を約3077万円としている谷原は、今大会の優勝が逆転での賞金王戴冠の絶対条件。その場合でも、池田が単独3位以上でフィニッシュすれば、池田の賞金王戴冠が決まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>