27日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「なぜ日本で生活したいか、この9つの理由で十分だ」と題する記事が掲載された。写真は浅草。

写真拡大

2016年11月27日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「なぜ日本で生活したいか、この9つの理由で十分だ」と題する記事が掲載された。

「爆買い」から「体験型」へと旅行スタイルが移行したものの、日本は依然として中国人に人気の旅行先の一つとなっている。特に、同じく多くの中国人観光客が訪れる韓国と比較される時には、「日本には見どころがあり、何度も訪れたくなる」点がよく指摘される。そうした中、記事は「日本を訪れた人は、みんなこの国が好きになってしまう」として、その理由を9つ挙げている。

1つ目は、環境と親切さ。すでに語り古されているが、記事は日本は街が清潔で、日本人の親切さは旅行者の印象に深く残っていると解説。「日本人の夫婦に道を尋ねたら、4本先の通りまで送ってくれた。泣きそうなほど感動して、彼氏に『道に迷っている人がいたら同じようにしてあげようね』と言った」というエピソードを紹介した。

2つ目は、歴史と伝統を重んじる国であること。記事は、観光地という点では中国の方が優れているとしながらも、日本は神社や古い建築物をきちんと保護していると指摘。日光東照宮を訪れた際に、「小学生が固まって地面にしゃがんでいたが、彼らは授業で習った歴史を肌で感じるために来ていた」というエピソードを紹介している。

3つ目は、治安が良いこと。4つ目は、世界最新のファッションが集まる場所であること。5つ目は、秩序を保って行動することだ。買い物する時もトイレに行く時も必ず列に並んだり、車が来ていなくても信号を必ず守ることが印象深い様子だ。6つ目は、安心安全な食材を使った美食天国であること。7つ目は、コンビニが24時間営業であること。

8つ目は、レベルの高い医療が受けられること。中国では、受診のための受付番号を手に入れるために大混乱になる病院も少なくないが、「優れた医療技術とスタッフによる心地の良いサービス」によって、日本の病院を訪れる中国人が増えているという。日本政府も外国人に向けて医療観光を積極的にアピールしている。そして9つ目が、イベントが多いこと。伝統的な祝日以外にも、クリスマスやハロウィーンなど、外国のイベントでも盛り上がれることを挙げている。

この記事に対して、ネットユーザーからは「食品が清潔で安全ってことだけで十分」「中国と日本の差って大きいんだな」「日本は恥知らずな政治家以外はすべてが素晴らしい」「日本は清潔だし、人々は秩序があって礼儀正しいし、海鮮はおいしい。でも、人間関係は冷たい」「私は祖国を愛している。多くの欠点もあるが、素晴らしいところもある。日本を見るような目(ひいき目)で中国を見れば、中国にも美しいところがあると気づくだろう」など、さまざまな意見が寄せられている。(翻訳・編集/北田)