元RAINBOW スンア、シム・ヒョンタクと同じ事務所に…芸能活動の第2幕を開始

写真拡大

ガールズグループRAINBOW出身のスンアがGnG Productionと専属契約を締結し、芸能活動の第2幕を準備する。

1日、GnG Production側は公式の報道資料を通じて「RAINBOW出身のスンアが悩んだ末にGnG Productionと契約することにした」と明かした。

GnG Productionと専属契約を締結したスンアはRAINBOW出身メンバーの中で最も先に今後の活動の方向を決め、女優としての新しい出発を予告した。

これについてGnG Productionは「スンアはRAINBOWで多彩な魅力を届け、演技、バラエティ番組など幅広い分野でその名を知らせて活動を展開してきた」と伝えた。また「スンアの才能がさらに広く披露されるように積極的に支援していく」と付け加えた。

スンアと専属契約を締結したGnG Productionは、チャ・ファヨン、シム・ヒョンタク、ハン・ゴウン、ソ・ドヨン、Tiny-Gのドヒなどの俳優が所属しており、ドラマの制作も積極的に行っている事務所だ。現在、MBC週末ドラマ「お父様、私がお世話します」を制作しており、ここ10年間多彩な作品を制作してドラマ制作の名家とも言われている。

スンアはRAINBOWとしての歌手活動はもちろん、MBC「私はチャン・ボリ!」、KBS「愛と戦争」、ウェブドラマ「88番地」、ミュージカル「Grease」などで演技も披露してきた。また、tvN「ザ・ロマンチック&アイドル」、KSTAR「瞬発力」「SPECIAL D-DAY」のMCなどでも幅広い魅力を届けた。今後、女優としてさらなる魅力を披露すると期待されている。