写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ピツニーボウズジャパンは12月1日、NRIデジタルと提携し、企業の顧客接点強化に向けた動画マーケティング活動の支援を開始した。

NRIデジタルが提供するオムニチャネル戦略コンサルテーションのもと、ピツニーボウズが提供する対話式パーソナライズド動画ソリューション「EngageOne Video」を活用し、企業の顧客接点強化に向けた動画マーケティング・ソリューションを日本市場で拡大していくという。

NRIデジタルでは、オムニチャネルマーケティングにおける豊富なノウハウを持ち、多様な顧客チャネルを駆使したマーケティング戦略の立案から、ソリューションの提供、マーケティングPDCAの実行支援をワンストップで多くの企業に提供している。

EngageOne Videoは、顧客の好みやニーズに応じてOne to Oneマーケティングを実現するための対話機能を持つパーソナライズド動画ソリューション。シナリオに基づき制作したビデオコンテンツと、企業が保有している視聴者の属性情報や購買データなどの行動履歴を連携させることで、パーソナライズされたメッセージの提供が可能となる。また、動画内に用意されている選択肢を視聴者が自由に選択できるほか、アンケートなどコメントを加えることも可能。

これにより、インタラクティブな動画提供を実現のみならず、ビデオ内での行動履歴情報の取得が可能となる。このような機能を通じて、視聴者の要望に応じた必要な情報の提供や次のアクションへのスムーズな誘導が可能になり、顧客満足度の向上や業務効率化につなげることができるという。

今回の提携により、より対面チャネルに近い対話式動画を活用した「デジタル接客」による、オムニチャネルイノベーションに着手し、企業のユーザーエクスペリエンス変革のために、オムニチャネルでの事例研究、動画活用におけるノウハウの展開を実施していくとしている。

(山本明日美)