trend_20161129163329.jpg

写真拡大

高橋書店(東京都文京区)は、毎年恒例となった「手帳の中身を覗いてみたい有名人」調査を2016年8月に行い、その結果を「手帳の日」の12月1日にあわせてまとめた。

調査は今年で5回目。関東、関西エリアに住む20代から60代までの男女1000人を対象に実施した

桜井翔、橋下徹らもランクイン

第1位はソフトバンク創業者の孫正義さんで、多忙なスケジュール管理をどのように行っているか、同時にアイデアをどう書き留めているか、などが「覗いてみたい」理由だった。第2位は安部晋三首相。スケジュール管理とともに、日本のトップとしてワークライフ・バランスも知りたいとの声があった。

第3位はホリエモンこと堀江貴文さん。どういうメモをつけているのかへの興味が強いようだ。第4位は大リーグのイチローさん。第5位は池上彰さんだった。

男女別にみると、男性では第4位にイチローと同数で前大阪府知事の橋下徹氏が入った。「忙しい人なので、どのように時間を使っているか知りたい」との声があった。

女性では孫さんと安倍首相の順位が入れ替わったほか、3位にタレントのマツコ・デラックスさん、4位に歌手の桜井翔さん、5位堀江貴文さんの順だった。桜井さんには、「1分1秒スケジュール通りに進まないと気がすまないという話を聞いたので」どうスケジュールを管理しているのか知りたいとの関心があったようだ。

なお、2015年はイチローさん、安倍首相、孫正義さんの順だった。