バドミントン奥原希望 右肩痛で棄権「五輪が終わって苦しかった」

ざっくり言うと

  • 1日のバドミントンの全日本総合選手権で、奥原希望が右肩痛で途中棄権した
  • 奥原は「五輪が終わってから(怪我で)苦しかった」と涙を流していた
  • 小宮山元監督は「正直、出れるような状態ではなかった」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング