画像

写真拡大 (全2枚)

 LIDDELLは、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」のアップデートを発表。インフルエンサーが自身の熱量を伝える機能やレビュー機能、投稿の分析ができる機能を追加した。

 11月28日、LIDDELLが運営するインフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT(スピリット)」に、「意気込み機能」と「レポート機能」、「レビュー機能」を実装された。

 「意気込み機能」では、インフルエンサーが意気込みを企業に伝えることができる。これにより、企業は熱量のあるPR投稿を期待でき、インフルエンサーは、数値的なフォロワー数のみで依頼を判断されず、想いとクオリティ部分も評価されるようになる。

 「レポート機能」は、インフルエンサーの投稿の総リーチ数や総いいね数、総コメントの詳細、投稿画像のキャプチャ画像などが確認できる。

 「レビュー機能」に関しては、インフルエンサーの実際に使ってみた感想をレビューとして依頼のあった企業に伝える機能。これにより、商品PRと同時に消費者の声も獲得できる。

MarkeZine編集部[著]