国内最終戦をパーでスタートさせた石川遼(撮影:福田文平)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇1日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 本日1日(木)より東京都の東京よみうりカントリークラブにて国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」が開幕。先週開催された「ISPSハンダワールドカップ・オブ・ゴルフ」に松山英樹と共に出場していた石川遼が大会連覇をかけて参戦、1番・2番をパーセーブとしている。
松山英樹と共にW杯を戦った石川遼
 
 2アンダー単独首位に1番・2番と連続バーディを奪取したパク・サンヒョン(韓国)、1打差2位に「ワールドカップ」に中国代表として出場した呉阿順、塚田陽亮がつけている。石川はイーブンパー4位タイ。
 賞金ランク首位の池田勇太と同2位の谷原秀人は、キム・キョンテ(韓国)と同組で11時30分よりスタート予定。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【W杯ギアネタ】松山&遼のパターカバーは“ワールドカップ専用”