ルーク・エヴァンス

写真拡大

映画『ホビット』シリーズのバルド役でブレイクしたイケメン俳優ルーク・エヴァンスが、映画『イングロリアス・バスターズ』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などで知られるダニエル・ブリュールと、米TNTの新作ドラマ『The Alienist(原題)』で共演することが分かった。米Varietyなどが報じている。

1896年のニューヨークを舞台にした本作は、小説家ケイレブ・カーの同名小説を下敷きにした作品。ダニエルが演じるのは、常軌を逸した行動を研究するラズロ・クレイズラー博士。彼は、何が人間を殺人に駆り立てるのかを理解することで、自身が抱えるトラウマを克服しようとする役柄だ。一方ルークが演じるのは、ラズロの研究に引きずり込まれてしまう、ニューヨーク・タイムズ紙のイラストレーター、ジョン・ムーア役。友人同士である彼らは、ニューヨーク警察の新局長テディ・ルーズベルトから、売春少年を狙う殺人鬼を捜査するよう依頼される。そんな二人に、ルーズベルトの秘書が加わり、ニューヨークで初となる連続殺人鬼を捕えようとするのだが...というストーリー。

パラマウントTVとTurner's Studio T社が共同製作を進める同シリーズで製作総指揮を務めるのは、キャリー・ジョージ・フクナガ(『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』)、エリック・ロス(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)、ホセイン・アミニ(『ドライヴ』)、スティーヴ・ゴリン(『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』)、ロザリー・スウェドリン(『北京のふたり』)。

ルークとダニエルが共演する『The Alienist』は、2017年初めにブタペストで撮影がスタートし、同年の下半期に米TNTにて放送開始予定。(海外ドラマNAVI)