Apink、12月15日初のスペシャルアルバムを発売…ファンに贈る冬のプレゼント

写真拡大

Apinkが12月15日スペシャルアルバムを発売し、2016年のフィナーレを華やかに飾る。

1日、Apinkの所属事務所であるPlan Aエンターテインメントは「Apinkが12月15日初のスペシャルアルバムを発売する。デビュー以来、今まで変わらない応援と愛を送ってくれたファンたちのために準備したアルバムで、Apinkのメンバー全員が忙しい年末スケジュールの中でもアルバムの準備に心血を注いでいる」とし、アルバム発売計画を知らせた。

今年9月、3rdフルアルバム「Pink Revolution」のタイトル曲「私がドキドキできるように」を通じて、韓国を代表する清純アイドルとして活躍したApinkは、3ヶ月ぶりにスペシャルアルバムを発売してファンたちに会う。

Apinkは3rdフルアルバムの活動以来、今年11月に開催したアジアツアー「PINK AURORA」を通じて台湾、シンガポールなどアジアのファンたちを訪れ、K-POPの代表的な清純アイドルとして精力的に活動を続けており、12月17日と18日にはソウル奨忠(チャンチュン) 体育館で開催する年末コンサート「PINK PARTY:The Secret Invitation」の準備で誰よりも忙しい年末を過ごしている。

目が回るほど忙しいスケジュールの中でもApinkはこれまで声援を惜しまなかったファンたちのためにスペシャルアルバムを準備し、ファンへの愛情を表している。

今月15日に発売するApinkの初のスペシャルアルバムは、ファンに対する感謝の気持ちやApinkの真心を伝える有意義なアルバムになるものとファンの期待を集めている。

Apinkはスペシャルアルバムの発売や、チケット販売開始2分で1万席のチケットを完売させて話題を集めた年末コンサートの準備、日本でのフルアルバム発売などのスケジュールで2016年の最後の月を忙しく過ごしている。