その返信は脈アリの証拠!LINE返信から彼の本心を知る方法  | 恋愛ユニバーシティ

写真拡大 (全5枚)

「お礼LINE」っていつするの?

これからの年末年始にかけては出会いイベントが盛りだくさんの季節ですね。合コンや、婚活パーティ、クリスマスイベントに年越しイベント、忘年会・新年会まで、いろいろな出会いの機会が待っていることでしょう。

そんな時、幸運にも気になる男性と出会えて、LINE交換に成功したとします。

あなたは最初の「お礼LINE」を、いつすべきだと思いますか?また、相手からどんなタイミングでLINEが来たら、彼はあなたに脈ありだと思いますか?

もし今までイベント後すぐに、気になる彼に「今日は楽しかったですね!ありがとうございます。」とお礼LINEを送っていた人はちょっと待って。実はLINEをすぐに送るのを控え、その間の彼の行動をみることによって、「彼があなたのことをどう思っているのか」、彼の本心を知るヒントを得ることができるのです。そんなLINEメッセージに隠れた男性心理について、シチュエーション別にまとめてみました。彼からのLINEを読み解いて、彼の心理を先取りしてしまいましょう!

目次

1. 食事などの具体的なお誘いLINEがあった場合 2. お礼などの社交辞令LINEがきた場合 3. 彼から2週間以内にLINEがきた場合 4. 彼から2週間以上なんの連絡もない場合

私は脈アリ?脈ナシ?LINE返信で分かる「彼の本心」とは

1. 食事などの具体的なお誘いLINEがあった場合

最初の出会いから、すぐに彼からLINEがあり、しかも具体的な食事のお誘いまであった場合は、彼は「あなたに興味がある」と考えてOKです。

しかし、ここで注意したいのか「私のことを好きなのかも!」と浮かれないこと。あくまであなたに「興味がある」段階ですので、今は様子見と思っていましょう。また、誘い慣れていると感じる場合、彼は既婚者かもしれないし、彼女持ちかもしれません。また、とりあえず気になる子すべてに声をかける、色々な女の子と遊んでいる人かもしれません。それらの懸念点がきちんと判明するまでは、冷静でいることが大事です。

2. お礼などの社交辞令LINEがきた場合

食事などの具体的なお誘いはないけれど、彼から「今日はありがとう!楽しかったね」というようなお礼LINEが来ることもありますね。
これらのお礼LINEには、いくつかの男性心理が考えられます。

まず第一に、彼が人付き合いを大切にしているタイプの場合、出会った人やLINEを交換した人すべてにお礼LINEを送ってる可能性が考えられます。この場合は社交辞令ととらえてもいいかもしれません。
次に考えられるのが、「とりあえず送信している」場合です。もしかしたら、彼にとってあなたはキープなのかもしれないし、あなたの友だちのLINEが知りたくてあなたに連絡している場合もあるでしょう。

このように、具体的なお誘いLINEがない場合は、彼から連絡があったからといってすぐに脈アリと考えるのではなく、 「なぜ彼はあなたを誘わないのか」を考えましょう。もちろん、「あなたのことが気になっているけれど、誘う勇気がないので、まずは当たり障りのないLINEを送っている」という場合も当然あります。そのような彼の本心を見分けるために、彼からすぐに連絡があったけれど、具体的なお誘いがないパターンでは、2つの対応をとってみましょう。

まず、あなたが彼に興味がある場合、「彼からのお誘いを待つ」つもりで、しばらく「他愛のないやりとりを続けて」みましょう。そうすることによって「彼があなたを具体的に誘ってくるのか、こないのか」が次第にわかります。もし彼が具体的にあなたを誘ってきたら、彼のあなたに対する気持ちを知ることができるでしょう。彼から誘われたら1に昇格です。

次にあなたが彼にあまり興味がない場合、当たり障りのない返信をするのが無難でしょう。もしかしたら、彼の人脈から「次の出会いに繋げる」こともできるかもしれませんし、その合コンで運命の人に出会うことだってあるのです。また、「友達から恋に発展する」こともよくある話です。LINEでやりとりをしている間に、お互いに、もしくは彼が特別な感情を持つこともないとは言えませんので、まずは薄くつながっておくことを意識しておきましょう。

3. 彼から2週間以内にLINEがきた場合

男性には一定数「連絡全てが苦手」というタイプがいます。実際に、「LINE、苦手なんだよね。」と、口にする男性も意外といますよね。彼がもしそのようなタイプの男性だった場合、女性側からLINEを送っても返信がすぐには返ってこないこともあるでしょう。

そのため、まずは女性側からお礼LINEを送らずに様子を見てみましょう
どんなに連絡が苦手なタイプの男性でも、もし彼があなたに連絡をしたい、気になる存在である、と思っている場合「大抵の場合、2週間以内に連絡がくる」と言います。
これは、彼の時間軸が長いだけで、2週間近く連絡がないからといって、あなたに興味がないわけではないのです。男性の中には、そのような時間軸の長い男性がおり、もし彼と付き合うことになったら「LINEや連絡が返ってくるまでかなり時間がかかりそうなタイプだな」ということも知ることができるでしょう。

また、彼があなたを食事を誘いたいと思っていた場合、彼からの連絡を待つことで「女性を追いかけたい男心」を満たすことができ、「彼からのアプローチで恋愛が始まる」という、女性に優位な恋のシナリオを作ることもできます。ぜひ彼からの連絡を待ってみましょう。

4. 彼から2週間以上なんの連絡もない場合

彼から2週間以上、なんの連絡もない場合は、残念ながら、「彼女がいる」「興味を持たれていない」「何か連絡できない事情がある」といったことが考えられます。
それでも、あなたにとって、彼がどうしてもあきらめられない存在であった場合、出会いから2週間経ったことを確認してから、初めてお礼だけを伝える「お礼LINE」を送りましょう。

このとき注意したいのが、この「お礼LINE」は純粋なお礼のみの内容にする、ということです。決して自分から食事に誘ったり、会いたいと誘うような言葉は使わないようにしましょう。「先日はありがとうございました!」という気持ちを伝えるだけのLINEをまずは送って、様子を見ます。もし、彼からすぐに返信があれば2に昇格でき、その後も他愛もないやりとりが続いて彼から具体的な誘いがあれば、1に昇格できるかもしれません。

残念ながら彼から一向に返信がない場合は、彼はあなたに脈がない、とはっきりします。その場合は、潔く諦める覚悟も必要です。脈ナシと分かったら、次の出会いを積極的に探しましょう。彼を一度完全にあきらめて、疎遠にすることで、後日忘れたころに彼から連絡がくることもあるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。イベントなどで出会った彼に、すぐにお礼LINEを自分から送ってしまうのが、いかにもったいないことなのかお分かりいただけたでしょうか。自分からLINEを送ってしまうと、彼の本心を知る貴重な機会を逃してしまうのですね。気になる彼との出会いを大事にしたいなら、「お礼LINEや連絡はしばらく(2週間は)様子見する」ということをまずは覚えておきましょう。

(知花きのこ/恋愛ユニバーシティ)

◇プロフィール知花きのこ / 恋愛ユニバーシティ 恋愛ユニバーシティ公認ライター
恋愛ユニバーシティ公認ライター。