画像

写真拡大

 Facebook社は、米国時間11月29日、これまで試験的に運用してきた、モバイルのクリエイティブアイデアを創造、実験、共有、実現するためのツール「Creative Hub」を全世界の広告主・クリエイティブコミュニティに向けて公開した。

 Creative Hubは、モバイルにおける優れたクリエイティブアイデアを創造、実験、共有、実現するためのツール。Facebook社がカンヌライオンズ2016にてローンチし、これまで、30社のクリエイティブエージェンシーが試験的に使用してきた。同ツールが11月29日(米国時間)より、全世界の広告主およびクリエイティブコミュニティでも利用できるようになった。

 また、FacebookとInstagramにおける優れたモバイルクリエイティブの例を閲覧できるInspiration GalleryもCreative Hub内に追加で設置された。

 これらを利用することで、クリエイティブを制作する際、新しいフォーマットを試したり、アイデアがFacebookとInstagramのモバイルフィード上でどのように表示されるかを事前に確認したり、関係者とモックアップを共有しながらコラボレーションすることが容易に行えるようになる。なお、Creative Hubの主な特徴は次の通り。

●インスピレーションの獲得

 Inspiration Galleryでは、FacebookとInstagramに関して、他社のクリエイティブ事例を閲覧できる。360動画、カルーセルなど様々なフォーマットを横断した事例を紹介しているため、キャンペーンやクリエイティブの戦略についてインサイトを得られる。また、紹介されている広告を実際にモバイルに送信し、フィード上でどのように見えるかを確認することも可能。

●アイデアの創造・実験・共有

 Creative Hubでは、どの広告フォーマットが利用可能かを確認できる。またプレビューツールによって、直接モックアップを制作することが可能。モックアップは保存後にも確認することができ、チーム内でアイデアを共有し、コラボレーションも可能です。

●円滑な動作確認

 モックアップを作成した後、実際にキャンペーンが開始しているかのようにモバイル上(FacebookのニュースフィードやInstagramのフィード)で広告を事前に確認することができる。確認用のURLも作成できるので、URLの共有で、関係者もモバイル環境でクリエイティブを事前に閲覧することが可能。

MarkeZine編集部[著]