株初心者におすすめの「ETF(上場型投資信託)」は 1万円以下の少額で分散投資が可能な優れもの! 日経平均連動ETFなど、おすすめの4銘柄を紹介!

写真拡大

1万円以下で買える「ETF」を紹介!「資金が少額しかない、でも分散投資はしたい」という人におすすめなのが、1000円台で買えるETF(上場投資信託)だ。ETFは、各種指数に連動した値動きをする商品。つまり、1商品で幅広い銘柄に分散投資しているのと同じような効果があるのが特徴だ。市場全体ではなく、少数銘柄で構成される指数に連動し、値動きのダイナミックなETFもあるので、中上級レベルの投資家も必見!

指数と連動するETFなら、1銘柄で分散投資が可能!

 日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などに連動するETF(上場投資信託)は、数多くの銘柄が組み入れられているため、少ない資金でも分散による低リスクな投資が行なえる。

 ただ、ETFの中には「上場インデックスファンドTOPIX(1308)」のように、10万円以上出さないと買えないものもある。これでは、投資ビギナーはちょっと手が出しにくい。そこで紹介したいのが以下の4銘柄だ。

(1)マザーズ・コア上場投信(1563)
(2)上場インデックスファンド日経225(ミニ)(1578)
(3)iシェアーズ Jリート ETF(1476)
(4)iシェアーズ TOPIX ETF(1475)

 このうち「上場インデックスファンド日経225(ミニ)」、「iシェアーズ Jリート ETF」、「iシェアーズ TOPIX ETF」の3銘柄は1000円台で買え、ちょっと高い「マザーズ・コア上場投信」でも3000円台で買える(※画像の価格は2016年11月2日時点。2016年11月25日現在も、3銘柄が1000円台で買え、「マザーズ・コア上場投信」が3000円台で買える点は変化なし)。

 それぞれ対象となる指数が異なるので、これら4銘柄を買えばより幅広い分散投資が可能で、しかもそれが1万円以下で行なえるのだ。もちろん、どれか1つのETFを10〜20口程度買っておき、上昇したら一部を売って利益確定し、残りでさらなる上昇を狙うことも手軽にできる。たいへん使い勝手がいいETFなのだ。

 今回は少額で投資できるETFを取り上げたが、現在発売中のダイヤモンド・ザイ1月号では、「上昇目前の3万円株」など、さまざまな株の特集も掲載している。例えば「2017年への日本株講座」では、2017年に株で儲けるために高配当株と超成長株に強い先生2人に登場頂き、おすすめ株も含めて紹介。「NISA枠を使い切る投信22&株12」などの特集もチェックしてみてほしい。。