画像

写真拡大

 住信SBIネット銀行、DAC、Automagiは、AIソリューション「AMY」を活用したデジタルマーケティングの試験運用を開始した。広告の運用担当者に依存していたターゲティング分析をAI技術に代替し、広告配信の精度向上と、ネット広告の効果最大化を目指す。

 住信SBIネット銀行、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)、Automagiの3社は、Automagiが提供するAI(人工知能)ソリューション「AMY」を活用したデジタルマーケティングの試験運用を開始した。

 具体的には、顧客のWEB行動データや趣味関心データとして、DACのDMP「AudienceOne」上で蓄積/整理されたデータを使用し、Automagiが提供するAI「AMY OPTIMIZER」を活用してターゲティング分析を実施する。

 また、「AMY OPTIMIZER」がもつ自律学習機能により、顧客の嗜好の変化を自動的に把握し、継続的に広告配信の精度が高まっていく仕組みを実現する予定。

 同取り組みは、これまで広告の運用担当者に依存していたターゲティング分析を、AI技術に代替することで、顧客の嗜好に合った広告を配信する精度を向上させ、ネット広告の効果を最大化することを目指すもの。

MarkeZine編集部[著]