30日、中国でこのほど、数種類の主食とおかずの中から好きなものを選ぶ米国発のチャイニーズレストランチェーンが日本で大人気だと報じられ、関心を集めている。

写真拡大

2016年11月30日、中国のポータルサイト・今日頭条はこのほど、日本に最近、米国発の人気中華チェーンが上陸し大人気だと伝えた。

【その他の写真】

米国発のチャイニーズレストランチェーン「PANDA EXPRESS(パンダエクスプレス)」が25日、川崎にオープンした。同チェーンは、中国生まれの米国人が1973年に創立。伝統的な中華料理のレシピと米国の食材を合わせた「アメリカンチャイニーズフード」を提供している。日本によくある中華料理店のように単品で注文するのではなく、数種類の主食とおかずの中から好きなものを選ぶというアメリカンスタイルが日本人に受けているという。

この記事を見た中国人からは「これのどこが珍しいんだ」「俺たちがよく食べる(ご飯の上に数種類のおかずを載せる)盒飯だろ」「日本には中国人が経営する料理店がたくさんあるじゃないか。米国人の口に合わせた料理をわざわざ食べなくても…」「3年以内に中国にも上陸しそうだな」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/柳川)