金正恩氏

写真拡大

金正恩党委員長の行動が先月から活発になっている。11月の現地指導の回数は実に10回。3日に一度のペースであり、うち9回が朝鮮人民軍(北朝鮮軍)関連だった。毎年11月から翌年5月まで行われる北朝鮮軍の冬季訓練にあわせたものと見られる。

金正恩氏のゴムボート写真

冬季訓練は、中隊級(約150人)の小規模からスタートする。年を越して3月には陸・海・空や特殊部隊が参加する国家級の大規模訓練につながる。そして、この訓練を通じて戦闘力が高まり、挑発を行ってきた。

2010年1月には海上の軍事境界線であるNLL(北方限界線)側に向けて400発の海岸砲や自走砲などを発射した。同年3月26日には韓国哨戒艦「天安」撃沈事件を引き起こし、11月には延坪島を無差別に砲撃した。

11月13日付の朝鮮中央通信によると、金正恩氏は南北軍事境界線に近接するカルリ島と長在島(チャンジェド)の防御隊を視察し、わざわざゴムボートに乗る姿を公開した。この視察では「延坪島火力打撃計画戦闘文書」を承認している。この文書が具体的にどのような内容なのかは不明だが、誰が聞いても6年前の延坪島砲撃事件の悪夢を思い起こすだろう。

(参考記事:金正恩氏はなぜ「ゴムボート写真」を偽造したのか

「高射銃」で人体が跡形もなく

そして、11月最後の現地指導は、軍関連ではなく金正恩氏が大粛清を決意した場所だった。

北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信は28日、金正恩氏が両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)郡を現地指導したことを報じた。

白頭山の麓である三池淵郡は、金日成主席が日本統治時代に抗日闘争を繰り広げ、金正日総書記の出生地とされている。正日氏の実際の出生地は旧ソ連(現ロシア)であり、ねつ造に過ぎないが、同郡は北朝鮮にとって「革命の聖地」だ。

ただし、金正恩氏にとって三池淵郡は「革命の聖地」以上の重要な意味を持つ場所だ。今から3年前の2013年11月、金正恩氏は三池淵革命戦跡地を訪れ、白頭山を眺めながら重大な決意をしたとされている。その重大な決意が明らかになるのは12月に入ってからだ。同月8日に開かれた朝鮮労働党政治局拡大会議で、当時ナンバー2として権勢を振るっていた張成沢氏が全ての役職から解任され党から除名される。

さらに12日に開かれた国家安全保衛部特別軍事裁判で死刑判決が下され、張氏は無慈悲に即時処刑された。金正恩氏は、北朝鮮史上に残る粛清劇を三池淵郡の訪問で決意し、この時から彼の恐怖政治が本格化したと筆者は見ている。

実は、この粛清劇の前の2013年8月あたりから、もともと太目だった正恩氏の体型は急激に変化していた。後に明らかになることだが、同時期に北朝鮮の芸術関係者に対して「ポルノ疑惑」がもたれ、粛清がはじまっていた。そして、この粛清の波が三池淵郡訪問時の「重大な決意」を通じて、張成沢粛清劇につながったと見るべきだろう。

金正恩氏が、粛清という刀を振り回し暴走しはじめた時期と、急激に肥満度が高まる時期が一致するのは偶然とは思えない。恐怖政治を激化させる中で、なんらかの猜疑心やストレス、プレッシャーにさいなまれたことが極度の肥満をもたらした可能性は充分にある。

さらに、金正恩氏の恐怖政治の波は北朝鮮軍にも及ぶ。2015年4月には玄永哲元人民武力部長(国防相)が、平壌郊外の姜健(カンゴン)総合軍官学校で高射砲で公開処刑された。高射砲とは事情通によると、「1発でも当たれば、人体の一部が吹き飛ぶ。発射速度の速い機関銃で打てば、粉々になり原形をとどめないだろう」と言うほどの恐るべき銃火器だ。正恩氏は、金日成・正日氏と比べてもより残虐な処刑方法で恐怖心を植え付けようとしている。

金正恩氏が、12月を直前にして大粛清の出発点であり、恐怖政治の故郷ともいえる「三池淵郡」を訪れたのは、なんとも意味深だ。そうでなくても、正恩氏にとって12月は金正日氏が逝去し、金正恩体制が発足した特別な月である。彼の最初で最大の実績といえる長距離弾道ミサイル銀河3号の発射が成功したのも2012年12月12日だ。

今回の「革命の聖地」巡礼をきっかけに、またもや新たな粛清劇がはじまるのだろうか。それとも米韓をはじめとする国際社会にむけて何らかの挑発をしかけるのだろうか。そうでなくても「崔順実ゲート」をめぐり朴槿恵政権は混乱し、米国ではドナルド・トランプ氏が大統領に当選するなど、北朝鮮が最も対立する両国の今後の対北政策は未知数だ。

金正恩氏が、革命の聖地であり恐怖政治の故郷でもある三池淵郡を訪れたのは極めて不気味であり、次の一手が注目される。