情けなっ! 男性に「そんなこともできないの?」と思った瞬間・7つ

写真拡大

たとえばパソコンの配線やDIYなど、一般的には男性のほうが得意とされていることがありますよね。個人差があるとわかっていても、それらのことができない男性に「情けない!」と思ってしまうことも。今回は男性に対して「そんなこともできないの?」と思った瞬間について、女性のみなさんに詳しいエピソードを聞いてみましょう。

■ゴキブリを見て泣きながら逃げられたとき

・「虫にいちいちびびっていたとき。そんなんじゃマジで生きていけないと思う」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「虫退治。ゴキブリを見て泣きながら逃げる男性を見たことがあります。せめて泣かないで……」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

とても多かったのが「虫退治ができない」というエピソードでした。ゴキブリが好き、という人はあまりいないと思いますが、泣きながら逃げられたらちょっと引いてしまいそう……。

■家具の組み立てができないとき

・「DIY。家具の組み立て。電動ドリルの使用」(30歳/医療・福祉/その他)

・「電化製品や家具の組み立てができない男性」(30歳/医療・福祉/専門職)

「家具の組み立てができない」というエピソードも多くありました。男性のほうが電動ドリルなどの扱いに慣れていそうなイメージがありますが、実際にはできない男性もいるようです。

■車庫入れが下手なところを見たとき

・「車の運転。下手な人、荒い人、駐車できない人は無理」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「車の車庫入れ。バックで1発で入れられずに何回も入れ直しているのを見るとイラつく」(25歳/学校・教育関連/その他)

「車庫入れが下手なとき」に情けないと思った、という人もいました。車庫入れは1回で決まるとカッコイイですが、何回もやり直しているのを見るとイライラするし、情けなく見えてしまうのかもしれません。

■配線のつなぎ方がわからないとき

・「家電を買ってきて、説明書を読んだにもかかわらず配線のつなぎ方がわからない」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「テレビの配線がつなげない。昔から、配線のたぐいは男性のほうが得意な分野と言われているので、それができない男性は情けないと思う」(27歳/金融・証券/営業職)

家電などの「配線のつなぎ方がわからない」ときは、その男性のことを頼りなく感じてしまう人も。説明書を読んでもつなぎ方がわからないのは、さすがに情けないかも……。

■簡単な計算や漢字が書けないとき

・「簡単な計算や簡単な漢字を書くことができない」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「居酒屋のメニュー注文のときに、日常的に使う漢字が読めない人がいて、ビックリするというレベルを超越していた」(25歳/その他/その他)

「簡単な計算や漢字を知らない」ということにビックリした、という人も。手書きをする機会が減ったとはいえ、日常的に使う漢字くらいは一般常識として知っておいてほしいですよね。

■お湯の沸かし方やお米の炊き方がわからないとき

・「お湯を沸かせない。お湯を沸かすには何を使えばいいの? と聞かれたことがある」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「米を炊くこともできないこと。炊飯器くらいどこの家庭にもあるし、ボタンを押せばいいだけだし、できないというのはおかしい」(22歳/その他/その他)

「お湯の沸かし方やお米の炊き方がわからない」という驚きのエピソードも! 誰かに教えてもらう機会がなかったのかもしれませんが、情けないというレベルを通り越してあきれてしまいそうです。

■まとめ

男性に「そんなこともできないの?」と思った瞬間について、さまざまなエピソードが寄せられました。どれも衝撃的なものばかりですが、特にお湯の沸かし方やお米の炊き方がわからないのはビックリですよね。そんな男性とは一緒に生活できないかも……。でも、男性の情けない部分を補ってあげることができるすてきな女性でありたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月18日〜11月21日
調査人数:294人(22歳〜34歳の女性)