既報のとおり、ロサンゼルスオートショー2016においてジャガー初の電気自動車「I-PACE(アイ・ペイス)コンセプト」が初公開されています。

1

同ショーにおいてジャガー・ランドローバー社は、クリーンディーゼルエンジンやガソリンエンジン、BEV(バッテリー式電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド式電気自動車)、MHEV(マイルドハイブリッド式電気自動車)のすべてを今後の製品戦略計画に盛り込んでいることを披露。

最高経営責任者(CEO)のラルフ・スペッツ氏が今後2020年までに製造、発売されるジャガー・ランドローバーの各モデルの半数を電化すると表明したものです。

これは、世界各地で強化されるCO2排出量の規制に対応するものと考えられます。というのも、欧州では2021年にCO2排出量を95g/kmという厳しい数値をクリアできなければ罰金まで課せられるようになります。

今回ワールドプレミアされた「I-PACE コンセプト」は、スポーツカーのような外観とパフォーマンス、そしてSUVのスペースを兼ね備えた5人乗りのEVで、市販仕様の発表は2017年後半、発売は2018年となる予定。

目標(推定)航続距離は「NEDC(New European Driving Cycle:新欧州ドライビング・サイクル)」で500km以上、「EPA(Environmental Protection Agency:米国環境保護庁)で」220マイル以上とされています。

(塚田勝弘)

ジャガー・ランドローバーが2020年までに半数を電動化する理由とは?(http://clicccar.com/2016/12/01/421144/)