26年ぶりの出演となる西城秀樹

写真拡大

12月7日(水)と14日(水)の2週連続、2夜にわたり8時間半を超える生放送され、総勢110組以上のアーティストが出演予定の「2016FNS歌謡祭」(フジテレビ系)。このたび、新たに西城秀樹が「第1夜」に出演することが決まった。

【写真を見る】西城秀樹が、大ヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.) 」を披露!

西城は「FNS歌謡祭」に賞が設定されていた時代、「傷だらけのローラ」や「ギャランドゥ」などの楽曲で数々の賞を受賞し、'79年には「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」でグランプリを受賞している。

今回の出演は、歴代グランプリがそろった'90年に登場して以来、26年ぶりとなる。

2度の脳梗塞を乗り越え、「歌う事は生きる事。いくつになってもね」と、今また歌い始めた西城。今回は、最も思い入れのある曲の1つである大ヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を披露する。

今回の出演について西城は「1990年の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』以来、26年ぶりの出演と聞いて時の早さを感じます。45周年を迎えたことし、再び『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』で出演できることも、とてもうれしく思います。

その間、時を見失うような出来事もありましたが、応援してくださる皆様のおかげでここまでやってくることができました。これからもずっと歌い続けていけるように頑張りたいと思います」と心境を語った。