2016年の日本代表、最も多くゴールを決めた「スパイク」はこれ!

写真拡大

2016年も一年の最後、12月を迎えた。今年のサッカー界でも様々なことが起こった。

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表も、紆余曲折を経てなんとかアジア最終予選グループ2位での越年。「あのゴールがもし外れていたら…」といくつもの得点シーンが思い起こされる。サッカーはやはりゴール。日本代表の歓喜もゴールがもたらしてくれる。

というわけで、昨年行った「2016年の日本代表で最もゴールを決めたスパイク」をランキング形式で今年もお届け。ヘディングでのゴールの場合、スパイクはボールに触れていないがそこは気にしないでほしい。スパイクあってのサッカー、サッカーあってのスパイクなのだ。

今年、日本代表が行った国際Aマッチは10試合。ロシアワールドカップ予選が7試合、親善試合が3試合である。勝敗は7勝1分2敗。実に30のゴールが生まれた。

それではさっそくランキングへ。なお、相手のオウンゴールは除外している。

1点

adidas「アディゼロ F50」

着用選手:宇佐美貴史

日本代表スパイク

Nike「マジスタ オブラ」

着用選手:山口蛍

日本代表スパイク

Nike「マジスタ オーパス」

着用選手:小林祐希

日本代表スパイク

2点

Asics「メナス」

着用選手:大迫勇也×2

日本代表スパイク

Nike「マーキュリアル スーパーフライ」

着用選手:浅野拓磨×2

日本代表スパイク

3点

Mizuno「バサラ」

着用選手:岡崎慎司×2、金崎夢生

日本代表スパイク

4点

adidas「エース」

着用選手:清武弘嗣×4

日本代表スパイク

adidas「エックス」

着用選手:香川真司×4

日本代表スパイク

5点

Mizuno「ウエーブ イグニタス」

着用選手:吉田麻也×3、本田圭佑×2

日本代表スパイク

日本代表スパイク

※上が吉田着用モデル、下が本田着用モデル。

Nike「マーキュリアル ヴェイパー」

着用選手:原口元気×5

日本代表スパイク

1位は、昨年もトップのMizuno「ウエーブ イグニタス」、そして今年大きく飛躍した原口が履いているNike「マーキュリアル ヴェイパー」の二つだった。

ただ、前者は本田の得点が10→2と激減しているのに対し(吉田は昨年と変わらず)、後者は昨年の1点から大幅増加。先日A代表デビューを飾ったFW久保裕也も「ヴェイパー」を履く選手の一人であり、「スーパーフライ」の浅野を含め「マーキュリアル」系が上位の常連となっていくかもしれない。

ちなみに、メーカー別のランキングはこちら。

adidas 9点
Nike 9点
Mizuno 8点
Asics 2点

adidasとNikeが同点で1位!それを昨年1位のMizunoが僅差で追っている。

大迫が活躍したAsicsもランクイン。ここに本来、Pumaが入ってきてほしいところだが、昨年は1点、今年はついにゼロになってしまった。川崎フロンターレ残留が決まった小林悠の代表初ゴールが待たれる。