中島裕翔と共演した新木優子

写真拡大

 「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔が11月30日、東京・新宿明治安田生命ホールで行われた、主演映画「僕らのごはんは明日で待ってる」の完成披露試写会に、ヒロインの新木優子と市井昌秀監督とともに出席した。ネガティブな高校生・亮太を演じた中島は、開口一番「実際にもネガティブな中島裕翔です」とアピールしたが、恋愛に関する話題になると積極的にアプローチしたという初恋のエピソードや、驚きの“モテ自慢”が飛び出した。

 「追いかけられる方と、追いかける方のどちらがいいか?」と問われた中島は「追いかけられる方が楽かな」と回答。新木が「でも、今まで追いかけられてきたでしょ?」と鋭い指摘を入れると、「でも、そうだね。一気に3人に告られたことがあるね」と平然と告白。新木が思わず「さすが」とこぼすと、「順番なんですよ。1人来て『ごめんなさい』。もう1人来て『ごめんなさい』。3人目が来て『ごめんなさい』。お前ら仲間だろう! って(笑)。誰がとれるか勝負していたみたいな」と説明し、「なんか、いろいろ考えちゃって怖かったです。びっくりしました。調子に乗っちゃいそうでした」と振り返った。

 一方の新木は「理想は追いかけられたい」と言いつつ、「積極的な話はあります」と“肉食系”の一面をのぞかせる。「同じ人に3回告白したことがあります。3回ふられました」と苦いエピソードを明かし、場内を驚かせた。

 さらに「初恋の人を覚えているか」という質問があがると、中島は「小学校の頃とかの話。可愛かったなあ、あの頃は。雨の日に相合傘をして帰ったりとかしていました」。客席から驚きの声が上がると、「いいだろう!」とニッコリ。「ネガティブなのに頑張りましたね、その頃の僕。(相手が)傘を持っていなくて、しょうがないから(『となりのトトロ』)のカンタみたいに『んっ!』って(笑)」と照れくさそうに語った。

 「僕らのごはんは明日で待ってる」は、高校の体育祭の競技「米袋ジャンプ」をきっかけに付き合うことになった亮太と小春が、食を通じて愛を育んでいくハートフルなラブストーリー。2017年1月7日から全国公開。