写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は29日、同社のアフターセールス事業における新たな戦略を発表した。革新的な技術でアフターセールスにおけるオーナーシップ体験に変革を起こし、サービス向上を通じ新たな収益源を開拓していく。コネクテッドカー・サービス、幅広い選択肢のアクセサリー、パーソナル化を推進し、この3つの取組みが2022年にはアフターセールス事業の収益の25%を占めると見込んでいる。

同社はコネクテッドカー技術とビッグデータの利用拡大により、販売会社を通じて新たなサービスを提供。将来的には、修理が必要な際は事前にユーザーへ通知するとともに、サプライチェーン経由で自動的に部品を注文し、来店時に販売店が確実に対応できるようになる。コネクテッドカー技術により、日産のグローバルサプライチェーンも大幅に合理化され、ジャスト・イン・タイムの物流体制で工場から販売会社までの製造効率が高まるという。

新戦略の鍵を握るのは、新興市場や既存の日産車オーナーを含め、すべての顧客にコネクテッドカー・サービスを提供できるようになること。まず、日本とインドを皮切りに、新車販売時にディーラーオプションでコネクテッド技術の購入を可能とし、2020年までに他の国々にも拡大していく。より利用しやすい価格でコネクテッドカー・サービスの提供を実現するため、さまざまなコネクテッド技術も開発中。これにより、従来コネクテッドカーではなかった既存オーナーにもコネクテッドカー・サービスの提供ができるようになり、コネクテッド技術を利用したマイカー管理という新たなメリットを受けられる。

カスタマイズで自動車業界のリーダーとなるべく、同社はパーソナル化とアクセサリーを中心に、アフターセールス事業の強化も進める。フランスのフラン工場で生産する新型「マイクラ」を皮切りに、選択肢を増やすため製造・設計工程を進化させていく。

(木下健児)