サッカーの王様・ペレ氏もシャペコエンセの選手たちにお悔やみ「悲惨な被害だ」

写真拡大

▽チャーター機墜落事故で命を落としたシャペコエンセの選手たちに向け、かつてブラジル代表でも活躍しサッカーの王様・ペレ氏が哀悼の意を表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽ブラジル1部に属するシャペコエンセのスタッフ、選手を含むメンバーがコパ・スダメリカーナ決勝戦に向かうため、搭乗した飛行機が28日にコロンビアのメデジン近郊で墜落した。

▽多くの犠牲者を生んだ今回の事故を受け、ペレ氏がコメント。「ブラジルのサッカーは哀悼の意を表している。悲惨な被害だ。亡くなられた方の家族に心から哀悼の意を表したい」とお悔やみの言葉を述べている。