交流協会の大橋光夫会長(左)と握手を交わす蔡英文総統=総統府提供

写真拡大

(台北 30日 中央社)蔡英文総統は29日、総統府で日本の対台湾窓口機関、交流協会の大橋光夫会長と会談した。

蔡総統は、同日に台北市内で41回目の会合が開幕した「台日貿易経済会議」について、両国間の経済連携協定(EPA)の締結や産業協力の拡大、パートナー関係の強化につなげたいと期待を示した。

また、日台の相互訪問者数が昨年、初めて年間500万人の大台を突破したことや、女優の長澤まさみが今年出演した台湾観光PRフィルムにも言及。日本人訪台旅行者の増加などで今後も記録更新が続けばと述べた。

非公開で行われたこの日の会談には、外交部の李澄然常務次長や台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長らも同席した。

(葉素萍/編集:羅友辰)