画像

写真拡大 (全2枚)

 日本コカ・コーラのスマートフォンアプリ「Coke ON」に対応する自動販売機、「スマホ自販機」の全国の市場設置台数が10万台を超えた。当初の設置目標14万台の7割を達成したことになる。

 日本コカ・コーラは、スマートフォンアプリ「Coke ON」に対応した自動販売機「スマホ自販機」の全国の市場設置台数が、2016年11月30日時点で10万台を超えたことを発表した。

 2016年4月にサービスを開始した「Coke ON」は、アプリ200万ダウンロード、対応する「スマホ自販機」14万台設置を目標に展開されてきた。スマホ自販機の市場設置台数が10万台を超えたことで、より多くの消費者に「Coke ON」のサービス利用の機会が提供される。

MarkeZine編集部[著]