キャサリン妃はベストセラー本「ひみつの花園」でぬり絵をしているそうだ/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ウィリアム王子が、妻キャサリン妃が最近ハマっている趣味を明かした。幼稚園に通っているジョージ王子に影響されたのかどうかは不明だが、キャサリン妃は、ぬり絵に夢中らしい。

【写真を見る】ジョージ王子、シャーロット王女と一緒に遊ぶキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

英国ではここ数年、大人のぬり絵が大ブームで、スーパーマーケットの新聞売り場にもぬり絵の本が置いてあるほどだが、その火付け役ともいえるぬり絵アーティストのジョハンナ・バスフォードに大英帝国勲章が贈られた。11月29日にバッキンガム宮殿で彼女に勲章を授けたウィリアム王子は、「妻も彼女の本を使ってぬり絵をしている」と語ったそうだ。

「ぬり絵ファンの輪は世界中に広がっていると思います。ウィリアム王子は、キャサリン妃も私のぬり絵イラスト集、『ひみつの花園』を使ってぬり絵を楽しんでいると仰っていました」とジョハンナが語ったと英紙デイリー・メールは伝えた。

「ひみつの花園」は全世界で100万部以上を売り上げており、その人気は衰えていないという。「デジタルの時代を生きる人々はぬり絵でデトックスしたがっているのだと思います」とジョハンナは話している。

公務でのファッションや言動がいつも話題になるキャサリン妃だが、自宅では子供たちと遊び、暇ができたらぬり絵をしているそうで、静かな暮らしを楽しんでいるようだ。【UK在住/MIKAKO】