29日、電撃結婚して間もない台湾の女優スー・チーが、来年は活動せず完全休業するつもりだと語っている。

写真拡大

2016年11月29日、電撃結婚して間もない台湾の女優スー・チー(舒淇)が、来年は活動せず完全休業するつもりだと語っている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

スー・チーは今年9月、俳優で映画監督のスティーブン・フォン(馮徳倫)との入籍を電撃発表した。2人は1998年の香港映画「美少年の恋」をきっかけに知り合い、本格的に恋人関係に発展したのは約3年前のことだった。

結婚後は二世誕生が期待されるが、今月26日に行われた台湾版アカデミー賞・金馬奨の授賞式で、司会者から妊娠中であることをほのめかす言葉をかけられ、大きな話題に。その後、スー・チーが完全否定しているが、中華圏では妊娠3カ月目までは公表しない風習があるため、世間の疑いの目はまだまだ続いている。

29日、香港でイベントに出席したスー・チーは、仕事への意欲減退を理由に「来年は活動を休止したい」と語った。気になる妊娠については、「20年間、体をいたわってこなかったので、子どもを産むならその準備をしないと」とコメントし、休養して妊活する考えもあることを明かしている。(翻訳・編集/Mathilda)