「マイ・オンリー・ラブソング」CNBLUE イ・ジョンヒョン&コン・スンヨン、キスシーン撮影現場を公開

写真拡大

「マイ・オンリー・ラブソング」のCNBLUE イ・ジョンヒョンとコン・スンヨンのキスシーンが公開された。

「マイ・オンリー・ラブソング」(脚本:キム・スジン、演出:ミン・ドゥシク) 側が30日に公開した現場写真には、イ・ジョンヒョンとコン・スンヨンのキスシーンが捉えられている。昨年MBC「私たち結婚しました」の“コンイカップル”で視聴者から高い人気を得た彼らが、1年ぶりに再会してロマンチックなシーンを演出した。

イ・ジョンヒョンとコン・スンヨンのキスシーンは、温かい日差しが降り注ぐ中で完成した。この日のキスシーンは、2人の主人公がお互いに恋の感情を感じていることに気づく重要なシーンだ。そのため、イ・ジョンヒョンとコン・スンヨンは撮影前から真剣に感情を出すなど、それぞれの役に忠実に臨んだ。

ミン・ドゥシク監督の「カット」サインと共に始まったキスシーンの撮影は、緊張感漂うなか行われた。特に、イ・ジョンヒョンとコン・スンヨンはやや気まずい感情も忘れ、役に入り込み、オンダルとスジョンになりきって撮影を続けていった。彼らは途中で意見を交わしたり、いたずらをして緊張をほぐしたりして、巧みに現場をリードした。

イ・ジョンヒョンとコン・スンヨンの初キスシーンは、慶尚北道(キョンサンプクド) 安東(アンドン) と忠清北道(チュンチョンプクド) 扶余(プヨ) 郡の2ヶ所で撮影が行われるほど、制作陣はロケに心血を注いだ。何度も下見に行き、2人のキスシーンが美しく映ることができるよう、全力を尽くしたという。

制作陣は「この日のキスシーンは、劇中でオンダルとスジョンがお互いの気持ちを確認する重要なシーンであるだけに、ベストを尽くして撮影した。撮影現場は和気藹々とした雰囲気と共に緊張感が漂うなど、真剣な雰囲気の中で行われた。何よりイ・ジョンヒョンとコン・スンヨンが、お互いに配慮し合いながら良い雰囲気を作り、さらに綺麗に映ることができた。『私たち結婚しました』以来再会して初めて披露する彼らのキスシーンに、多くの関心をお願いしたい」と伝えた。

「マイ・オンリー・ラブソング」は、愛も人生もお金と身分格差で分けられていると考えて生きてきた若者が出会い、それよりも優先する価値を探し求めていくファンタジー青春時代劇だ。FNCエンターテインメントの放送制作専門子会社であるFNCアドカルチャーのドラマ第1号で、来年2月に韓国で放送される予定だ。制作開始と同時に中国SOHU(捜狐)・ドット・コムと約28億ウォン(約2億6千万円) の供給契約を締結するなど、中華圏をはじめとする海外市場から関心を浴びている。