イケメン外国人講師と…!?英会話教室内で生まれた恋の事例

写真拡大

社内公用語を英語にする企業が増えるなど、ビジネスマンにとって「英会話」は、必須のスキルとなりつつある今日この頃。

クロス・マーケティングによる東証一部上場企業に勤める1,000人へのアンケート調査によると、「仕事の何らかの場面で英語を使っている」と答えた人は4割近くにも及んだそう。

英語を使えなくては仕事にならないということで、なかには週2〜3ペースで、英会話教室に通う人もいるようです。

そこで恋が生まれるのも時間とタイミングの問題かも! 

講師や担当マネージャー、生徒と恋に落ちた・落としたエピソードについて調査しました。

英会話スクールで生まれた恋

●その1:真剣さを買われた

「海外とやり取りする部署に異動したため、会社近くの英会話スクールに通い始めました。平日に2日、土日に1日というハイペースでしたね。ある日、講師から食事に誘われたことがきっかけで、付き合い始めました。私が毎回全力でぶつかってくるため、気になっていたんだと言われました。マンツーマンレッスンは濃い時間を過ごすことになるので、恋が生まれやすい気がします」(29歳/IT)

●その2:好みに応じた差し入れをした

「グループレッスンに通っています。担当講師がオーランド・ブルーム似のイケメンで、超タイプだったんです。なんとかお近づきになりたいと思い、彼の好みをリサーチして和菓子の差し入れをするなど、ちょっとした気遣いをしていたら、ある日メアドをゲット! 今はプライベートでメールする仲で、近々デートも実現しそうです」(28歳/メーカー)

●その3:悩みを相談していた

「担当マネージャー(日本人)に惚れ込んでしまいました。お客だからだとは分かっているのですが、どんなときでも丁寧にサポートしてくれるんです。学習を続ける上での悩みを、親身になって吸い上げてくれますね。行き詰って悩んでいたときに『軽く飯でも行きますか』と言われ、それから親密な関係に。ずっと同じスクールで勤務しているので、お客との出会い以外はほぼないそうですよ。だから狙い目なのかと」(32歳/コンサル)

●その4:レッスン後に毎回食事していた

「会社の同僚男子とグループレッスンに通っています。週2回のレッスン後は毎回食事に行っていたため、恋人並みに会っていたとも言えますよね。そこから自然に恋愛に発展しました。同じ目的を持ち、しかも同じ会社にいてというように、とてもナチュラルな流れ」(33歳/IT)

●その5:メールアドレスを渡された

「みっちり力をつけたくて、マンツーマンレッスンを選びました。毎回講師が1枚の紙に、適切な表現やポイントを書いて渡してくれるのですが、あるときそこへメールアドレスが書かれていました。『食事でも行かないか』という英文も! 外人好きなので喜んで誘いに応じたところ、気が合ったのでそれから2〜3回デートを重ねて付き合うことに」(30歳/広報)

意外な出会いの場所だった!

思わず「うらやましい!」と感じてしまう出会いばかり。

英会話スクールもサービス業。生徒以外にはあまり出会いがないのもうなづけます。

ということは、気になる講師やマネージャーは、努力次第で落としやすいということなのかも知れません。

でも、あくまでも表向きは「英語力UP」を目的に通って下さいね。

Written by 池田園子