29日、韓国最大野党「共に民主党」の尹昊重政策委議長が、国政介入事件への関与が指摘されている朴槿恵大統領について「宣告可能な量刑をすべて合算してみると最大量刑は無期懲役になる」と述べた。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2016年11月29日、韓国最大野党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)政策委議長が、国政介入事件への関与が指摘されている朴槿恵(パク・クネ)大統領について「宣告可能な量刑をすべて合算してみると最大量刑は無期懲役になる」と述べた。韓国・ニューシスなどが伝えた。

尹議長はこの日午前、国会で開かれた政策調整委員会で「政策委において法律家の助言をもらい朴大統領の違法行為の疑惑と量刑を集計した」としてこのように述べ、「有期懲役を選択する場合には45年、下限は10年と分析された」と明らかにした。

また、30日のラジオ番組に出演しこの分析の根拠を問われた尹議長は「検察の起訴状に(朴大統領が)共謀したと書かれていることから起訴事実はほとんど確定的だ」とし、「職権乱用、強要罪、機密漏えい罪、収賄罪、こうしたものをすべて合算した」結果だと説明した。

この報道を受け韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せているが、無期懲役よりも厳しい罰を訴える次のような声が多数の共感を得ている。

「大韓民国史上最も無能で憎たらしい大統領だ。無期でも懲役45年でも軽過ぎる。息絶えるその瞬間まで刑務所に閉じ込めろ」
「あの女には臭い飯すらも惜しい」
「ふざけてるのか?死刑に決まってるだろう」

「断頭台だよ!」
「死刑にしたとしてもすっきりしない」
「45年も食べさせてやるのはもったいない」
「法の前には万人が平等だ」

「簡単に死刑にしたり赦免したりしたら駄目だ。5000万人の国民が苦しめられた分、そっくり返してやるべき」
「朴槿恵には厳正な法の適用がなければならない。誰であっても政治的な立場で赦免とか名誉とか退任後の安全保障とかを言い出すなら、その名を反逆者として記憶しよう」(翻訳・編集/吉金)