「花郎」防弾少年団 V&チョ・ユヌ、スチール写真を公開…“眩しいルックス”

写真拡大 (全2枚)

「花郎(ファラン)」の防弾少年団 Vとチョ・ユヌまでベールを脱いだ。

KBS 2TV新月火ドラマ「花郎」脚本:パク・ウニョン、演出:ユン・ソンシク) 側は、これに先駆け、パク・ソジュン(ムミョン/ソヌ役)、Ara(アロ役)、ZE:A ヒョンシク(サムメクジョン、真興王:新羅の第24代の王役)、SHINee ミンホ(スホ役)、ト・ジハン(バンリュ役) の5人の撮影スチールを公開し、期待を高めていた。そして「花郎」の色をさらに多彩なものにする新たな2人の登場を予告した。

本日(30日)「花郎」の制作陣が公開した写真の中には、日差しのような少年V(ハンソン役) と、秘密を秘めている男チョ・ユヌ(ヨウル役) の姿が収められている。劇中で2人は性格も魅力も異なる公子たちだ。そんな2人が花郎に入ることになり、様々な若者たちとぶつかりながら共に成長していくストーリーがドラマを通じて展開される見込みだ。

まず、太陽の光のようなVの姿から目が離せない。Vは花郎の中で最も若いハンソン役に扮する。ハンソンは、晴れ晴れしい笑顔と少年の初々しさを持つ末っ子だ。一度集中すると世の中が変わっても分からないほど、好奇心たっぷりの末っ子ハンソンのギャップのある一面だ。写真の中でVは、キラキラする目とハンサムなルックスで末っ子ハンソンの特徴を良く表している。

実際に「花郎」に登場する俳優の中でも末っ子のVは、本格的な演技の挑戦は初めてだが、自身のキャラクターに対して格別な情熱と努力を見せたという。また、愛嬌たっぷりの性格で撮影現場のムードメーカーの役割を果たしたという。

チョ・ユヌの神秘的な雰囲気も好奇心をくすぐる。チョ・ユヌが演じるヨウルは、香りがあるが鋭い棘を持つ人物だ。やや歪んでいるが、彼の抱いているストーリーが何なのか、多くの人々がいつも気にしている。スチール写真の中でチョ・ユヌは、このようなヨウルの特別なキャラクターをしっかり表している。綺麗な容姿、扇子を持つ指、どこかを見据えている眼差しが視線を引きつける。

このように、「花郎」で活躍する7人7色の若者たちが1人ずつベールを脱いだ。そして彼らはそれぞれの物語と魅力で「花郎」を待っている視聴者たちの好奇心をくすぐり、期待を高めている。2016年夏に熱い時間を過ごした7人の若者たちが花咲かせる「花郎」の初放送が楽しみだ。韓国で12月19日から放送スタートする。