ベンツがまさかのラーメン開発!?「海」と「陸」の流星麺だって

写真拡大 (全2枚)

 メルセデス・ベンツが東京都港区六本木にあるメルセデス・ベンツ コネクションで特製ラーメンを提供していることが話題になっています。これは11月30日から12月25日まで開催中のクリスマスイベント『Star Garden』にて期間限定で提供しているもの。

【関連:はま寿司ラーメンが「店一軒出せるレベル」と高評価すぎるので嘘か誠か食べてきた】

※メルセデス・ベンツ公式サイトのスクリーンショット。

 テレビ東京のワールドビジネスサテライトで11月29日にその様子が紹介され現在SNSを中心にネットを賑わせていますが、番組では「メルセデス・ベンツが本気で作ったと」と紹介。さらに、ベンツの担当者が「ラーメンだけ食べに来てもいい?」という質問に「それでもいい」と語っている様子が放送されました。

 メルセデス・ベンツ公式サイトにも掲載されておりラーメンは2種類。 『「海」の流星麺〜西洋魚介スープと焼きおにぎり』はNEXTDOORのメインシェフであるSHINYAさんが創った1杯で、フレンチの技法が取り入れられているそうです。ドーンとのったホタテにはベンツのエンブレムでもお馴染みのスターマークが刻印されているこだわりよう。麺を食べ終わった後のスープにおにぎりを投入すると贅沢なシメも楽しめちゃうそうです。

 そして『「陸」の流星麺〜鴨の生ハムスープとフォアグラバケット』は、既に名前から高級感が溢れていますが、こちらは2階にあるレストランUPSTAIRSのメインシェフであるKENJIさんが創った至高の1杯。鴨の生ハムだけで仕上げた黄金色のスープの特製太縮れ麺を絡ませていただくと極上の味なんだとか。さらに麺を食べ終わった後はスープにフォアグラバターとカシスコンポートのバケットを沈めていただくなんていう贅沢も!

 どちらも1200円(税込)ですが、この他にもヨダレが止まらないようなメニューが満載なので、ベンツを購入する予定はちょっと遠い未来かな……なんていう人も、とりあえずはラーメンを堪能しに行ってみてはいかがでしょうか?

(文:大路実歩子)